自然は自然。

2011年9月16日

8月20日(土)東松島元気フェスタ

まうまくあOPEN当初からお世話になっている水野さんのお声がけにビビッ!
いやし隊の活動あればな~なんて空けていたけども、なかったから実家でボーっとするしかないな~と思ってたら『人員募集』とのことで、私で良ければ行かせて頂きます。とタイミングが良かった。

仙台駅から、仙石線ですんなり行ける『矢本』も、線路が途中なくなってしまったので、松島海岸まで行ったら、あとは代行バス。1時間半くらい。

松島に、旅行客らしき人たちが、ちらほらと居るあたりとか店先に立って笑顔で営業する地元の方々が、なんともあたたまる光景だった。
心の中で、すんごい応援した。

バスで走っていても、海の目の前なのに、まったく海水が入り込んだ形跡のないところや海が見えないのに、明らかに海水にのまれているところ

自然の力、というのは すごく複雑だけれどごく自然のことなんだ、とも言われているようにも思う。

誰が悪い・何が悪いなんてなくて、自然界に住まわせていただいているわたしたちであることには間違いない。

なぜだか、地球がわたしたちの生きられるように用意されたこともやはり感謝しなくちゃいけない。
いや、たまたま誕生した、自然の一部だねわたしたちは。
その中で、考える力・感情を持つものとしてこんなにそれぞれの人生を楽しんでいる。

好き勝手やって与えて頂いたそれを壊していっているのはわたしたちだったね。

何かが地球に起こることは自然にとっては、自然なこと。

自然が無ければ、わたしたちは癒されることも、呼吸をすることさえも出来ない。

感謝しなくちゃね。

今日の空とか。今夜の月とか。今吹いている風とか。
こんなに気持ちよくさせてもらって、嬉しい。

※東松島元気フェスタの話はいづこへ。。
また改めて書きます☆

 

↑Page Top↑